スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

子どもを犠牲にしない離婚の仕方

子どもを犠牲にしない離婚の仕方

「夫婦生活に限界を感じているけれど、子供のことを思うと…」

あなたがそうお考えになるのは、あなたが責任感と自制心のあるしっかりした方である証拠であり、「子どもを犠牲にしたくない」というお気持ちは、あなたにとっておそらく最優先のものであると思います。ですから場合によっては、子どものために離婚を我慢する、もしくは諦める、ということも、私は大事な選択肢のひとつであると思っています。
 
ただ、あなたの心の中に、「夫婦としての1%の愛情もない」「ともに暮らすことが苦痛」「愛人問題などで身も心も疲れ果てている」などの思いが消えずに残っているとしたら、無理にその感情を抑えて生活していると、精神的なバランスが崩れて、イライラして自律神経失調症になったり、無感動や無気力になったり、むなしさでどうでもよくなったり、思わぬところで感情を爆発させたり、自暴自棄でアルコールに浸ったり、夜もろくに眠れなくなって、うつ病や不眠症を引き起こし、極端に体調が悪くなり、正常な生活ができなくなることさえあります。 (※決して脅かしているわけではありません。事実、そういう方が非常に増えてきているのです)

こうして我慢し続けていると、結局何があなたにとって一番大切なのか、あなた自身がわからなくなってしまう恐れがあるのです。また、あなたの「子どものために我慢するしかない」という思いが、あなたのお子さんにとっても大きなストレスとなって、知らず知らずのうちに、逆にお子さんに精神的な負担を与えてしまっている場合も少なくありません。あなたの、「この子のためなんだから」と我慢し続けている姿を毎日見せられていることのほうが、実はお子さんにとってはよっぽど辛いことだったりすることもあるのです。

親の離婚は、確かに否応なしに子供にも直接関わってくることです。
率直に申し上げて、親の離婚でまったく傷つかない子どもはいません。
親の離婚を心配せず、ストレスも感じず、まったく犠牲にならない子どももいません。
子供は子供なりに不安や戸惑いを覚えます。これから家族はどうなってしまうんだろうと心を痛め、親から与えられた環境に適応することを余儀なくされることになります。

でも、だからそれでお子さんが不幸になるとか、逆にあなたが離婚を我慢すればそれでお子さんの幸せが守られる、ということではないのです。肝心なのは、それをどう親子で乗り切っていくか、という点にあります。

もちろん私は、決して、あなたに離婚を勧めているわけではないのですが、 しかし、もしもあなたが、『子供を犠牲にしない離婚』を望んでいて、それを可能にしたいと思うならば、親子としての信頼を失うことなく、子供に与える影響をできるだけ小さくおさえて、親子で一緒に離婚を乗り切って、新しい明日を迎えていくということが最も大切なのことだと思うのです。

「では具体的に、私はどうすればいいんですか?」
たぶん、今あなたは、そう思っていますね?(^_^;)
安心してください。その方法はお教えできます。

私は、これらの問題を乗り越えていくために必要な情報を、実際に子どもを連れて離婚をされた方や、苦渋の決断で子どもと離れ離れになって暮らしている方々に直接話しを伺い、そこで得た情報をさらに検証、分析し、法律に関しては弁護士のアドバイスを受け、その他のカウンセリング的な内容については、プロのカウンセラーや心理学者の協力を得て、より実際的に役立つ情報としてまとめました。

「子どもを犠牲にしない離婚」を望むあなたにとって、強力なガイドテキストとして、充分な力を発揮してくれることを確信しています。以下に、「子どもを犠牲にしない離婚の仕方」に掲載されている内容の一部をご紹介いたします。

子どもを犠牲にしない離婚の仕方 ~収録内容の一例~
・子どもがいるから離婚したくてもできない、という悩みを打開する方法とは
・子どもに反対されない離婚の伝え方、切り出し方とは
・親の離婚で子どもが思うウラの本音とは
・年代別で見る、子どもの離婚ストレス対処法とは
・離婚を通して、子どもと分かり合うための方法とは
・子どもに対して言っておくべきこと&絶対に言ってはいけないこととは
・子どもに対してやっておくべきこと&絶対にやってはいけないことは
・離婚を乗り越え、親子の絆を深めていく方法とは
・離婚の際に子どもが受けるストレスや心理的負担を解消する方法とは
・離婚後の戸籍を決める上で知っておくべきこと&意外な落とし穴とは
・離婚することで、逆に子どもに安心を与える方法とは
・あなたの周りの人を必然的にあなたの協力者にできる方法とは
・子供の親権を確実に自分のものにする方法とは
・絶対に知っておくべき子どもの心理の壁と喪失の危険とは
・平均水準以上を実現する、生活で困らない知恵&利用法とは
・子供を引き取ったとき、知っておくと絶対に得する情報とは
・子供を犠牲にしないために、知っておくべきこととは
・子ども連れた離婚であなたが遭遇する危険のある落とし穴とは
・どちらの親と暮らしたいか、を子どもに問う際の絶対心得ておくべき点とは
・別居親に子どもを奪われた場合に、迅速・強制的に奪取する方法とは
・別居親が子どもと会うことを拒否、制限する方法とは
・別居親に子ども会うことを拒否された場合の対処方法とは
・養育費を毎月確実に得る方法とは
・取り損ねた養育費を過去にさかのぼって取る方法とは
・支払われない養育費を強制的に取る方法とは
・離婚前に、別居中の夫から生活費を強制的に得る方法とは
・行政におけるシングルマザーに対する手当について
・その他、子どもを連れた離婚に必要な知識、法律などが満載です。
     
書店では販売しておりません。他では絶対に手に入らない情報です。
この機会に読んでみたいという方に限り、ご提供します。

子どもを犠牲にしない離婚の仕方
2007年度版 B5サイズ 160ページ 




子どもを犠牲にしない離婚の仕方

SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

スポンサーサイト

2007年02月03日 トラックバック(0) コメント(-)

トラックバック

トラックバックURL
http://wing2002.blog89.fc2.com/tb.php/58-a372cba5

ふらっとブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。